Kogeneko

ハンドメイドの猫首輪を販売するこげねこ~ちりめんリボン付きの首輪で浮世絵のような江戸猫に~

「和風の魅力あふれる猫さんの首輪を探している」「日本の雰囲気があるアイテムがほしい」とお考えでしたら、ちりめん素材を使用した首輪はいかがでしょうか。レザーで作られた首輪とは違った、和の雰囲気を出すことができます。

世界中で愛される猫さんは、日本でも奈良時代頃から貴族のペットとして可愛がられていました。江戸時代には浮世絵にたびたび登場します。

浮世絵師・歌川国芳が描く浮世絵猫

赤いリボン付き首輪をつけた猫

猫好きとして知られる浮世絵師、歌川国芳をご存じでしょうか。江戸時代末期に活躍した浮世絵師で、つねに5、6匹の猫さんを飼い、多い時には10匹以上の猫さんと共に生活していたといわれています。

懐に猫さんを抱きながら絵を描いていたそうで、自画像には必ず猫さんが側にいます。歌川国芳の作品は武者絵や役者絵、美人画、妖怪画、だまし絵などがありますが、浮世絵猫も数多く残しています。

美人画では女性が猫を抱いている絵、尾が2つに割れた猫の妖怪「猫又」の絵、猫が着物を着て人間のように振舞っている絵、猫にまつわることわざを題材にした絵、猫を使った駄洒落絵など、ユニークな発想と猫さんへの愛にあふれた作品が魅力です。ネズミの害から穀物を守ってくれるという「鼠よけの猫」は特に有名です。この「鼠よけの猫」は首に赤い紐を巻き付けた猫さんで、今にも動き出しそうな細かなタッチで描かれています。

ハンドメイドのちりめんリボンが可愛いこげねこの首輪

江戸猫首輪リボン付きをつけた猫

こげねこで販売している、ハンドメイドのちりめんリボン付き猫首輪は、歌川国芳の「鼠よけの猫」が巻いている首輪をイメージしています。

鉄板の和柄、赤の鹿の子ちりめんを使った「江戸猫首輪リボン付き」を着用するだけで、猫さんが浮世絵猫に早変わりします。市販の浮世絵猫風のちりめん丸紐の首輪は完全に紐状なので使い勝手が悪く、紐が好きな猫さんは遊んでしまうことがあり、安全性も低いのが難点です。

こげねこでは、浮世絵のような丸紐のリボンを付けつつ、首輪本体はサイズ調節もできるといった特徴があります。4.5kg以上の力がかかると外れるセーフティーバックルの使用にこだわっているため、危険も軽減されます。

リボンが付いた首輪を選ぶ時のポイント

リボンが付いた首輪を選ぶ時は、サイズに注意しましょう。猫さんによって首の太さは異なります。小さいと首を圧迫してしまいますし、大きいと引っ掛けてしまうおそれがあります。最適なサイズはヌードサイズ+4~6cmです。また、リボンが邪魔にならないかどうかもチェックしてください。寝っ転がる時やご飯を食べる時などにリボンが顔に当たってしまうと、猫さんにとって大きなストレスとなってしまいます。

ハンドメイドの猫首輪を販売しているこげねこのアイテムは、ちりめんリボンの位置を少し変えることができるため、ご飯やお水を飲む際に邪魔にならないよう調整が可能です。サイズはS(14.5~22cm)・M(17~27cm)・L(20~32cm)をご用意していますので、ご希望のサイズをご指定ください。

こげねこではハンドメイドの首輪を販売

おしゃれで可愛い猫さん用の首輪をお探しの方は、こげねこをご利用ください。一つ一つ丁寧にハンドメイドした首輪を販売しています。柔らかい布・手触りの優しい布を選んで製作しているため、猫さんに優しいのが特徵です。有料オプションとして鈴と星型チャームをお選びいただけますので、ハンドメイドの猫用首輪をお探しの方はお気軽にご注文ください。

ハンドメイドの猫用首輪をお探しならこげねこをご利用ください

サイト名 猫の手づくり首輪 こげねこ
住所 〒272-0805 千葉県市川市大野町3丁目1646
TEL 047-337-8418
メールアドレス info@koge-neko.com
URL http://koge-neko.com/