Kogeneko

手作り首輪に必要な材料をご紹介!~和柄・ちりめんリボン付きの首輪をお求めの方へ~

手作り首輪は、和柄やリボン付きの首輪など、自分好みで猫さんのサイズに合ったものを作ることが可能です。また、材料も100円ショップなどで用意できるものが多く、家にある端切れなどを利用することもできます。猫さんのために世界にひとつだけの首輪を作ってみませんか?

こちらでは、手作り首輪に必要な材料と、首輪サイズの測り方、作り方の流れについてお伝えしていきます。

手作り首輪に必要な材料とは?

生地 手作り首輪のテープに使用する生地。猫ちゃんに優しいコットンや麻などの素材がおすすめ。
バックル(美錠) 金属製の方がおすすめ。
セーフティー・アジャスター 引っかかり事故防止のために必要。
家庭用ミシン 直線縫いのみなので一般家庭用のミシンでOK。
アイロン・アイロン台 普通のアイロンとアイロン台でOK。
型紙 工作用紙で可。テープ部分の型紙として使用する。
チャコペン 型紙通りに裁断するための線引き。
裁断用ハサミ 型紙通りに裁断するために必要。
定規やものさし テープの長さを測る時に使用。

手作り首輪のサイズの測り方

黒のメジャー

猫さんの首のサイズに合わない首輪は窮屈で息苦しく、サイズが大きすぎても猫さんが首をかく時に首輪が回り、その摩擦で毛が抜けてしまうことがあります。正しいサイズを測り、ストレスなく手作り首輪を着用できるようにしましょう。

猫さんの首のサイズを測る際は、メジャーで首の一番細い部分(ヌードサイズ)を測りましょう。これに約5㎝プラスしたサイズが、おおよその適正サイズです。超短毛種の猫さんや子猫の場合は、人間の指1~2本が入るサイズ、ヌードサイズより約2~4㎝プラスしたサイズが、適正サイズとなります。

メジャーを嫌がって測れないという場合は、木綿糸や紐などを使い、首周りのサイズを調べるのも一つの手段です。首周りのサイズを測った後、紐の長さをものさしで測れば、大体のサイズが把握できます。

簡単!猫の首輪の作り方

こちらでは、猫の首輪の作り方についてご紹介していきます。

まずは手作り首輪用に、お好みの生地を用意しましょう。次に、手作り首輪のテープを作る生地の裏面に、型紙を当てて裁断する線を引きます。線を引いたら、裁断用ハサミで裁断します。

裁断した手作り首輪用の生地をアイロンがけし、まずは全体のシワを伸ばしましょう。その後、二つ折りにしてアイロンで折り目を付けます。折り目を開き、両側を中心に向けて山折りにし、アイロンで折り目を付けます。この時、霧吹きで軽く湿らせながらアイロンをかけるのがポイントです。ここが猫首輪の仕上がりの見栄えに大きく影響します。

アイロンがけが終わったら、アイロンがけした生地をミシンで縫製します。ミシンで縫い終わったら、完成です。

和柄・ちりめんリボン付きの首輪をお求めの方はこげねこへ。

こげねこについての案内をする女性

和柄・ちりめんリボン付きの首輪をお求めの方は、こげねこへ。こげねこでは、猫さんに負担の少ないデザインを目指して一つ一つ丁寧に手作りしています。色・柄の種類が豊富で、赤系・黄色系やピンク系、ドット柄や和柄などの中から、お好みのものをお選びいただけます。

金具の色や鈴の有無など自由に組み合わせることもできますので、猫用首輪をお探しの方はぜひご利用ください。

猫用の手作り首輪を通販で購入するならこげねこへ

サイト名 猫の手づくり首輪 こげねこ
住所 〒272-0805 千葉県市川市大野町3丁目1646
TEL 047-337-8418
メールアドレス info@koge-neko.com
URL http://koge-neko.com/